月々の返済負担も少なく、利子総額が最も低くなる可能性がある変動金利。最も変動金利が安い住宅ローンと失敗しない変動金利の選び方をご紹介します! 住宅ローンを変動金利で組もう思っている方は必見です!

ガンと診断されたら住宅ローン残高が1/2になる「がん50%保障団信」がなんと無料付帯!
変動金利 0.457%
固定金利[10年] 0.640%
固定金利[20年] 1.353%
団信保険料 込み
繰上げ返済手数料 無料
事務手数料 2.16%(税込)
仮審査は口座が無くても申込可能で、最短即日回答! わずらわしい手続きがなく、申込から契約までネットで簡単完了!

※2018年2月1日適用中金利

全金利タイプ0.1%引き下げキャンペーン中!事務手数料が10.8万円の衝撃価格!
変動金利 0.600%
固定金利[10年] 1.050%
固定金利[20年] 1.500%
団信保険料 込み
繰上げ返済手数料 無料
事務手数料 108,000円(税抜)
事務手数料が10万8,000円と安いのが魅力。初期費用をおさえたい人にオススメです!

※2018年2月1日適用中金利

変動金利が業界最低水準!さらに「全疾病保障」の保険料が金利上乗せ無し!
変動金利 0.439%
固定金利[10年] 0.770%
固定金利[20年] 1.160%
団信保険料 込み
繰上げ返済手数料 一部無料
事務手数料 2.16%(税込)
簡単にWEBで申込が可能。ローン契約書の署名・捺印不要。

※2018年2月1日適用中金利

変動金利を組むなら今がチャンス!!

一般的に変動金利を借りた後は、上がることはあっても下がることはありません。その理由は、銀行が変動金利の指標となる基準金利を下げず、優遇幅のみ拡大しているからです。 基準金利が下がらなければ、変動金利をすでに借りている人は、金利が下がっても金利下落の恩恵は受けられていません。

そのため、いかに金利が低い時に借りれるかが勝負なんです! 今は、マイナス金利の影響で変動金利が過去最大の低金利になっている「超低金利時代」。 住宅金融支援機構の調査でも、最近の約20年間の間も変動金利ほとんど上昇することなく低金利のまま。 変動金利は安く組める今がチャンスです!

金利上昇のリスク回避のルールも用意されている

変動金利といえば、金利上昇によるリスクが心配ですが、急な金利上昇に対しても以下の2つのルールで毎月の負担は増えません。

5年ルール毎月の返済額は5年に一度見直されるので、5年間は金利が上がっても下がっても返済額は変わらない
1.25倍ルール返済額が上がっても、これまでの返済額の「1.25倍まで」とされており、「返済額が急激に上昇してしまう」というリスクへの対処もされている

さらに、借り換えという方法もあり、万が一金利が上がっても今よりの金利の安い住宅ローンに借り換えることでリスクを回避できます。 昔と比べると変動金利のリスクも圧倒的に減っており、最も金利の低い今の時点で変動金利を組んで、返済額を抑えましょう!

じぶん銀行

ガンと診断されたら住宅ローン残高が1/2になる「がん50%保障団信」がなんと無料付帯!

変動金利
0.457%
固定金利[10年]
0.640%
固定金利[20年]
1.353%

住信SBIネット銀行

変動金利が業界最低水準!さらに「全疾病保障」の保険料が金利上乗せ無し!

変動金利
0.439%
固定金利[10年]
0.770%
固定金利[20年]
1.160%

新生銀行

全金利タイプ0.1%引き下げキャンペーン中!事務手数料が10.8万円の衝撃価格!

変動金利
0.600%
固定金利[10年]
1.050%
固定金利[20年]
1.500%

au住宅ローン

業界最低水準の金利以外にも、「がん50%保障団信」が保険料の負担なしに、無料で付けられます。

変動金利
0.457%
固定金利[10年]
0.640%
固定金利[20年]
1.353%

住宅ローンでは、全ての金利タイプでトップクラスという銀行は存在せず、「10年固定金利は安いけど、35年固定金利は高い」など金利タイプや保障内容によって得意不得意は様々。まずは最も重視する項目で住宅ローンを比較しましょう!

総合的におすすめの住宅ローン
変動金利が最も低い住宅ローン
固定金利が最も低い住宅ローン
借り換えで480も節約?!